noteで公開しているマガジン
まだ更新中です。

11


自分自身の話からはじまって

音信不通というできごとの裏にある
深層心理のこと、

恋愛依存、回避依存、愛着障害とは
いったいどういうことなのか

について
追記してきました。




最後の章になる「手当て」では
 
音信不通の彼に
どのようにかかわるべきなのか
彼の心はどう動いているのか
ということを書き終え、

今現在は
自分自身の心の整え方について
不安で揺れる心のおさめ方について
更新中です。

あと
ほんとうに
もう少しです





書き出しのときに考えていた以上に
長く長くなってしまい

文字量を数えてみると
標準的な単行本で3冊ほどの
ボリュームになりました。

ここまでずっと読み続け
お付き合いくださっている方には
ほんとうに
ありがたい気持ちでいます。

当初
プライバシーを守りたく
冷やかしを避けるために
価格設定を高めにしていたのですが

長く続いたおかげで
結果的に
1つのnoteあたり
120円ほどになりそうなので

それはそれでよかった
と思っています。





心のことについて書いている以上
どうしても

話が行ったり来たり
あれとこれとで絡み合ったり
一つだけに絞れなかったり
断言できなかったり
ということはありますが

それでも
今の私が知りうることのすべてを
このマガジンで
書き尽くすつもりです。

心についても
恋愛についても
専門家はほかにたくさんいて
書籍やネットの記事も
それこそ
掃いて捨てるほどありますが

音信不通という
二人のあいだで起きた
このできごとについて

また
恋愛依存や回避性ということについて

これほど
深く掘り下げて書いたものは
ないのではないかとも
思います。

少なくとも私自身は
これまで
目にしたことがありません。





もちろん
私が
気づき、知り、学び、書いたものが
パーフェクトな絶対正解である
というわけではありません。

ただ
私の書いた言葉の中に
何かひとつでも
新しい発見があれば

些細なものでも
ささやかでも
今までとは違う視点をもたらす
小さな発見があれば

その発見が
絡まった心を紐解いていく
糸口となり

出口の見えない暗闇に
どこからか射し込む
淡く
やわらかな
一筋の光になれればと

そういう風に思います。






※コメントやメッセージや
直接メールをくださっている方、
ありがとうございます。

まだお返事できていませんが
すべて拝見しています。

マガジンの更新を終えたら
ひとつひとつ順番に
お返事を差し上げるつもりでいますので

今しばらく
お待ちくださいませ。



 11