あの日
海の底で生まれた巨大なエネルギーが
地面を揺さぶり続けた
その時間は

200秒以上。

地震の揺れの時間としては
とても長いものだというけれど

実際に
いつまで揺れるのか
このまま何が起きるのだろうと
恐ろしくなったほど
長く感じはしたけれど

人生の中で考えれば
200秒なんて
ほんのわずかな時間。
たった3分ほどのこと。

カップ麺に湯を注いで待つあいだの
ちょっとスマホを眺めるような時間。
朝礼のスピーチの時間。
TVクッキングなら一皿分。
短い曲なら一曲分。

慌ただしく過ぎていく
わたしたちの日常の中では
「ほんのちょっと」と言えるような

その
たった200秒で

人生が変わることもある。
人生が終わってしまうこともある。

愛する人に
二度と会えなくなることもある。




今ここに
今日も生きて

大切にしたい人がいて
愛したい人がいて

その人もまた
今どこかで
今日も生きていてくれることの

その
かけがえのなさに
静かな涙が落ちる一日。

3月11日という日。




すべてをのみこんでしまう
その200秒は
またやってくるかもしれない。

10年後かもしれないし
500年後かもしれない。
もしかしたら
明日かもしれない。




愛したい人を
愛するための時間は
思うほど長くはないのだから

失ってから
もっと愛することができたのにと
もっと愛したかったのにと

愛した時間のはかなさを
泣きながら嘆くような

そのはかない時間さえ
ろくに愛せなかったと
唇を噛んで悔やむような

そんな人生にはしたくない。




疑うくらいなら信じたい。
迷うくらいなら受け入れたい。
求めるのではなく与えたい。
わかってもらうより思いやりたい。
試すよりやさしくしたい。
すがるより支えたい。
恨むより赦したい。
壊すより築きたい。
嘆くより笑いたい。

もっと好きになりたい。
ずっと好きでいたい。

愛したい気持ちより
もっともっと愛したい。

それだけ愛したって
きっと
全然足りない。

その200秒のあとには
愛したりなかったと
きっと悔やむ。

もっと愛したかったと
きっとそう思う。





大切にしたい人がいて
その人のために
祈る心があること

今この瞬間も
心蔵が鼓動することに
感謝して

また一年

大切な人を
せいいっぱいに愛したい。

そういう風に思います。



にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ