恋するつぶやき

恋する不安が少しでも落ち着きますように。

April 2016

もしもふたりが「ふたりでひとつ」なのだとしたらふたりは全くちがって当たり前なのです。「ふたりでひとつ」というと価値観も生き方も愛情の表し方もかぎりなく似ているものだと考えがちだけれどそれはただ単に「自分と似た人がもう一人いる」というだけのことであって「ふ ...

早く、早く、ってみんなそう言います。早くしないといい人に出会えなくなる。早くしないと婚期が遅れる。早くしないと妊娠しづらくなる。メールやLINEの返信も早く来なければいけない。子どもの教育も早くはじめなければいけない。就職活動も早く取りかからなければいけない ...

このごろでは価値のあるなしでさまざまのことを判断することが増えてきたようです。メリットがあるかどうか。生産性があるかどうか。効率的かどうか。合理的かどうか。そうしたことの中に「価値」というものさしを置いて時間の無駄だとかそんな価値はないだとかそれこそ愛す ...

彼はなぜ全力で愛してくれないのかと考えれば悲しくなるし寂しくもなるし腹も立つし恨み言のひとつも言いたくなるけれどじゃあ自分はどうなのかと振り返ってみれば全力を出し切るなんてこと、できていないものです。意外と。自分に備わったやさしさのすべてで人にやさしくで ...

役割は状況によって変化するものです。店主と客の関係も上司と部下の関係もいつも決まって一定ではなくその場そのときその状況によって変わるものです。たとえば親と子の関係であったって最初は親であり子であり子が成長するにつれ友人のような間柄にもなり親が年老いていけ ...

それが愛情だったのだとわかるのはずっと後になってからのこと。親になりたての両親の戸惑いも教師たちの葛藤や厳しさも乱暴な男の子のいやがらせも友達の誤解や勘違いも試合中の先輩の罵声もとても愛とは思えないようなできごとであってもそこに愛はあった。屈折した形でも ...

尊敬とは、人間の姿をありのままに見て、その人が唯一無二の存在であることを知る能力のことである。エーリッヒ・フロム尊敬 respectの語源はラテン語のrespicio、つまり「見る」「振り返る」ということだそうです。相手を尊敬するための最初の一歩はその人を知ること。知る ...

3月の終わり頃からブログの更新をせずにいて意識的なことではなかったのですがそれもやはりトリアージ的な行動だったと思います。時間には限りがあって能力や体力や精神力など自分が持つ資源にも限りがありすべてのことを同時に平等に対処できないとすればそれぞれのタスクの ...

大きな災害や事故のときの人命救助の考え方として「トリアージ」というものがあります。同時に同じ現場で多くの人が被害にあったときすべての人を平等に同時に助けることはできません。限られたスタッフで限られた医薬品や施設でそれらを最大限に活かしてできるだけ多くの人 ...

被災地に送っても困るもののリストが記事になっていました。千羽鶴や手紙、古着や生鮮食品など。不要であるどころか使えないし腐るしゴミとして処分する手間がかかるのでかえって迷惑になる、ということです。送った側にはそれぞれの想いや意図があるだろうし100%の善意で送 ...

↑このページのトップヘ