noteに
「私のこと。」
と題したマガジンを公開しました。
有料です。


私自身が経験した音信不通について
できるだけ正直に書きました。

まだ完結はしておらず、連載中で
今後も更新します。

一度ご購読くださった方は
更新されたノートを
完結するまで
そのままお読みいただけます。
(追加料金などは発生しません)


〈現在までの目次〉
1. 私のこと
2. 音信不通のはじまり
3. 最初の1カ月/息苦しさと朝の絶望感を乗り越える
4. 音信不通1カ月目/メールしてみる
5. 音信不通2カ月目/信じるということ
6. 音信不通2カ月目/返信がくる
7. 音信不通/2カ月ぶりのメール
8. ふたたび音信不通/今度は3カ月
9. ふたたび音信不通の3カ月後/メールの返信がくる 
10. デートに誘うも返信なし/見捨てられ不安と拒絶の苦しみ
11. 励ましのメールがくる/不安の衝動を抑えるためにできること
12. ほぼ音信不通の半年間、彼に起きていたこと/私の失敗
13. 会えない日々が続く/いてくれてありがとう
14. 音信不通から10カ月/「会いたいね」というメール/心をひらくこと 
15. バレンタインデー/イベントについての考え方
16. 「会いたいね」でも会えない/ものわかいりのいい彼女
17. 遠距離のはじまり/心の居場所になるということ 
18. もはや音信不通でもそうでなくても
19. 引き続きよろしくね/離れた場所から祈ること
20.Hurt People hurt People./彼の心を知るためのたったひとつの方法
21.からだが語る彼の言葉/おかえりなさい-遠距離の終わり-
22.再会

(まだ完結していません)




ブログをずっと更新できずにいたので
こちらで書こうかとも思ったのですが

そして
決して安価ではありませんが

プライベートな内容であり
私にとってとても大切にしたいことなので
冷やかしや興味本位で読まれることを避けたく

有料で公開できるnoteの場を選び、
メール相談と同じ価格設定としました。





音信不通について、
また
「忙しい彼」や「連絡不精の彼」については

どんなにネットを検索しても
どんな記事を見ても
どんなに男性心理を勉強しても
誰に相談しても
そこに何が書いてあっても

彼と連絡が取れるようになるまでは
安心することも
納得することも
吹っ切ることも
できないものです。

そして
どこを探しても
どんなに検索しても
何を見ても

自分の彼の気持ちは
書いていないし

彼から直接聞かないかぎり
ほんとうのところは
知りようもないことです。

それでも
探さずにはいられない気持ち、
検索せずにはいられない気持ち、
何かにすがりたい気持ち、
そうせずにはいられない気持ち、

よくわかります。




私は数年前に
付き合っていた彼と音信不通になりました。

今もその彼と一緒にいます。
とても大切な人です。

今も一緒にいるから私の話が成功談です
とは言いませんし、言えません。

私の話は
どこまでいっても
私の話でしかありません。

ただ
どんなに深い愛情があっても
それを表現できない人はいるし

愛情とは全く別のところで
返信しない人はいます。

わかりづらくて
そっけなくて
武骨で不器用な愛情表現しかできなくても

その心に
誰よりも純粋な想いを抱えている人もいます。

少なくとも私の大切な人は
そういう人です。

私のブログの言葉はいつも
彼に向けて
彼が書かせてくれたものでした。




「ほんとうに好きなら連絡する」
「トイレに行く時間にメールくらいできる」
という意見が圧倒的に多い中で

自分の大切な人の姿が見えなくなって
苦しい日々を送っている方に

たった一人だけれど
そういう人もほんとうに存在する

ということを伝えたくて
書きました。




とても不器用で
愛しづらい人だけれど

音信不通のときは
ほんとうに苦しかったけれど

自分の心と向き合うのは
逃げ出してしまいたくなるような
しんどい作業ではあったけれど

彼と出会えて
今も一緒にいられて
彼を大切に思い続けることができて

不器用で愛しづらい人を
愛することができて

私はとても幸せです。






まだ完結していないのですが
ある程度まとまってきたので

今まさに
音信不通に苦しんでいる方に
少しでも早く読んでいただきたく

公開しました。

続きも
できるだけ速やかに
アップしていきたいと思っています。




もじじ